着付け承ります
貴方の大切なお着物を末永く着て頂けるよう 最高の技術で、最善を尽くし、お手入れさせて頂きます
仕立 したて
「サイズを直したい」、「きものを違う色にしたい」
「半襟をもっと素敵にしたい」、「反物をきものに仕立たい」 ・・・そんな貴方に
タイトルは、まだ仮です。仕立ってどんなものか。「染め、染め直し」「仕立」「寸法直し」「半襟付け」ができます。お気軽にご相談下さい。 皆様のお問い合わせ、お待ちいたしております。
>>むかでやへのお問い合わせはこちら
染め、染め直し あらいはり、したて 昔着ていたきものでも、年代が変わると派手になって着られなくなることがあります。そんなときは染め替えをお勧めします。
無数にある色見本からお好きな色をお選びください。色無地が一般的ですが、古くて汚れが落ちないきものなどは小紋などにも染め替えることができます。これもきものの特徴の一つです。
男性礼装の着付け料金
仕立 したて きものはほどくと反物の状態に戻ります。洋服とは違い、寸法より余分な生地は中に縫いこんでいるため、いただいたきものなどは寸法を変えて仕立て直しをすることができます。年数の経ったきものは汚れやヤケが目立つ場合があるので、洗張りや染め替えも同時にご検討ください。 男性礼装の着付け料金
寸法直し すんぽうなおし 着物は、自分の体に合った寸法だととても着やすく、美しく見えます。
例えば、サイズが合わない着物をいただいた場合でも大丈夫です。着物は部分部分をほどいて縫代(ぬいしろ:縫い合わせるのに必要な布の端の部分)があれば、長く、広く伸ばす事が出来ます。
もちろん細く、短く縮める事も可能です。
男性礼装の着付け料金
半襟付け はんえりつけ 半襟は、着物を着た時一番目立つ美しい箇所なので、こまめにお手入れをしましょう。
長襦袢に付いている半襟は、毎回長襦袢ごとお手入れをすると大変なので、着用後のよごれ(汗、ファンデーション、しみなど)を取り除くために半襟だけをほどき、洗い、又は付け替えをします。
シーズンが終わってから、長襦袢全体のケアー(袖口、裾のよごれ、脇や背中の汗を洗います)をすると、長襦袢を長く綺麗に保つことが出来ます。
男性礼装の着付け料金
Copyright (C) 2012 mukade-ya.co.jp